危険回避・ファーストエイド

ツエルトを使ったビバーク術~登山のリスク管理~

道に迷って、現在地を失い、下山はまったくわからない状態、そしてすぐに日没が迫ってきた・・・。そんなときは、極端な悪天候でもないかぎり、慌てて歩き回らず、下山を翌日に延期したほうがいい。 ビバークの決断は早いほうがいい ...
2021.07.27
危険回避・ファーストエイド

道迷いの遭難を防ぐために~登山のリスク管理~

一番大切なのは、きちんと計画を立てて、計画書という形で作り、登る山、ルートをよく調べておくこと。事前に調べておけば、自分、が道を間違えそうな場所、苦手な岩場、がありそうな場所などがわかるはずです。 そういった準備をしておけば、危険な...
2021.07.27
危険回避・ファーストエイド

もしも山で遭難したら。こんな行動や思考が遭難を導く原因になる!

もしも山で遭難したらどうするか、考えたことはあるだろうか。ちょっとした道迷い(道間違い)くらいなら、多くの人が経験しているかもしれない。しかし、それがもし大事になってしまったら・・・。実際に遭難に直面したとき、どういう行動・思考をするのが...
2021.07.27
スポンサーリンク
危険回避・ファーストエイド

道に迷い、そして転落滑落へ~遭難事故寸前から学ぶ登山の教訓~

2006年の夏、Hさんは職場の女性3人(50代)と南会津の七ケ岳へ出かけた。午前10時30分、黒森沢登山口から登山開始。沢沿いのコースを1時間ほどで護摩滝の下に着いた。滝の高さは20メートルほどで、左側にロープが見えるが、直登はとても無理...
2021.07.27
危険回避・ファーストエイド

疲労と下山遅れの災い~遭難事故寸前から学ぶ登山の教訓~

60代男性の登山経験談より~~~。50年ほど前の夏のことです。当時中学2年生だった私は、兄(20歳)、兄の友人(男23歳、女21歳)の4人で穂高連峰に登りました。 1日目、河童橋を同時ごろ出発。横尾を過ぎて雨、が降り始め、本谷橋のあ...
2021.07.27
新遊歩大全(私的モノ語り)

登山家・竹内洋岳の限定モデルの時計・新「PRO TREK」(CASHIO)登場!

一流の登山家から見て「使える時計」にこだわって開発された新「PRO TREK」(プロトレック)の予約受付が始まっています。特にプロ登山家・竹内洋岳氏が監修した特別仕様モデル「PRW-6014H/3014H」は、各800個限定ですでに予約が...
2021.07.27
危険回避・ファーストエイド

山で道に迷う~遭難事故寸前から学ぶ登山の教訓~

40代男性の体験より~~~。2006年10月北アルプスで大量遭難があった日に、私は南アルプスの仙丈ヶ岳に登っていました。朝から雨が降り、天候はよくありませんでしたが、行ってみようということで登山を開始しました・・・ 悪天候の...
2021.07.27
新遊歩大全(私的モノ語り)

山道具選びの失敗談

山歩きを始めるとき、何か新しいことを始めるとき、まずは形からという人もいるのではないでしょうか。特にアウトドアの道具というのは、使って始めてその価値がわかるものであり、どんなに優れた物でも自分の経験と身体にフィットしていなければ、...
2021.07.27
兵庫

兵庫県六甲山系の有馬三山をめぐる裏六甲登山

有馬温泉の西側、北から落葉山、灰形山(はいがたやま)、湯槽谷山(ゆぶねたにやま)を合せて有馬三山という。魚屋道などから遠望すると尖った山容は迫力があり、三山の登り下りのダイナミックさを感じとれます。 いつもハイカーで賑わう表...
2021.07.27
京都

「天下分け目の大決戦」の舞台を見下ろす、京都西山の天王山に登る

本能寺の変の後、明智光秀と羽柴秀吉が戦った「天下分け目の山崎合戦」と伝えられている天王山は大山崎町の西にあります。山名の由来は、この山の中腹にある酒解神社に牛頭天王を祀ったことから天王山となったという説があります。山崎合戦の歴史的...
2021.07.27
道具と装備

結ばない靴紐で登山靴の脱ぎ履きが楽々。~Lock Laces ロックレースの紹介~

ハイカットシューズやミドルカットシューズは靴紐を結んだまま脱ぐということはほぼできません。脱ぐためには靴紐を解かなくてはいけませんし、結ぶ際も足首まで締め上げてから結ぶという面倒な作業をしなければなりません。 ハイカットシューズでも楽に結び解きができれば、かなり次の行動に余裕が生まれると思いませんか?
2021.07.27
スポンサーリンク