山道具メンテナンス

トレッキングポールのメンテナンス方法

トレッキングやハイキングでトレッキングポールを使う人が数年前に比べると、とても増えました。 一度使うと、もう手放せないぐらい歩行時のサポートをしてくれる便利な道具。 トレッキングポールは、それ自体で体を支えるというよりも、3本目の足とし...
新遊歩大全(私的モノ語り)

モンベルの辰野勇が語る経営学(1)怖がりゆえの早い決断

総合アウトドア用品のモンベル(mont-bell大阪市)と言えば、アウトドアスポーツを楽しんでいる人で知らない方はいないと思います。 特に実地検証と体験に基づいた商品づくりに信頼をおいて、ずっと使い続けている人は多い。 しかもブランド価...
2017.12.15
新遊歩大全(私的モノ語り)

モンベルの辰野勇が語る経営学(2)人生の目標得た1冊

モンベルの創業者である辰野氏は、商人の町として歴史がある大阪府堺市に8人兄弟の末っ子として生まれました。 実家はすし屋を営んでいて、物心がついたころから両親が働いている姿を間近に見て育ったそうです。 辰野氏はそんな両親を見ながら、自分も...
2017.12.15
新遊歩大全(私的モノ語り)

モンベルの辰野勇が語る経営学(3)独立の契機は特殊繊維

辰野勇氏はアイガー登はんの成功で、自らの登山の技術に自信を持つようになりました。 そこで帰国後にまず行ったことは、国内初のロッククライミング学校を立ち上げることでした。 今ではモンベルが様々なアウトドア体験イベントや、講習を行っているこ...
2017.12.15
新遊歩大全(私的モノ語り)

モンベルの辰野勇が語る経営学(5)冒険心、カヤックで再び

モンベルの活動は山岳だけではありません。 辰野勇氏は川を下るカヤックにも挑戦をはじめ、それにともなって積極的にカヤック用の商品開発を進めていきました。 なぜ、辰野氏は山から遠ざかるようにカヤックの世界へと導かれていったのでしょうか。 ...
2017.12.15
新遊歩大全(私的モノ語り)

モンベルの辰野勇が語る経営学(6)「これ欲しい」を商品で実現

厳しい自然環境の中で使ってこそ、モンベルの商品は良さが実感できます。 これは最近流行りの都会派アウトドアブランドやファッションブランドのアウトドア路線とは、大きな違いがあります。 本当に使うシーンを知った者でないと、絶対に発想できない小...
2017.12.15
新遊歩大全(私的モノ語り)

モンベルの辰野勇が語る経営学(7)震災を「アウトドア」で支援

今、日本だけでも台風や地震、大雨などでこれまでにないぐらいの被害が各地で起こっています。 これまでなら警報が発令されても、一晩ぐらい避難所なる公民館や体育館などに避難すれば帰宅できていたのですが、最近の被災状況は尋常ではなく、数カ月に及ぶ...
2017.12.15
新遊歩大全(私的モノ語り)

先人たちの教えを学べる山の名著を読む

山を歩いていると、禅問答をしているように周りの自然と対話をしている自分に気づくときがあります。 その対話は人それぞれで、同じ山道を歩いていても違う物語の中を歩いています。 思えば山に興味を持ったきっかけは何だったのか? 山への関心を深...
山道具メンテナンス

スリーピングマットのエア漏れは専用リベアキットで解決

テント泊などで地面の冷気を遮断し、体温維持と体の痛みを軽減するために寝袋の下に敷くマットを使っていると思います。 安価な銀マットも便利ですが、携帯性と快適性に優れたエアマットがおすすめです。 中には「もし空気が抜けたら使い物にならない」...
歩く技術(山・森・里)

地球エネルギーを吸い上げ、元気回復ウォーキング

日本の道はどこへ行っても、きれいに整備されているところがほとんどです。 だから少し路面が荒れていたり、凍結したりするとすぐに転んだり、つまづいたりしてしまいます。 普段歩いているときは、誰も地面を意識していない。自分の足がどのように地面...
山道具メンテナンス

シュラフのメンテナンス、汚れが目立ってきたら丸洗い

テント泊を年間数回しかしない人でも、春夏に一度でも使うと結構汗を吸収していることを知っていますか? テントや小屋の中でしか使わないシュラフだから、「それほど汚れないもの」と思っていませんか? しかし、顔や首筋の脂分、全身から出る汗、ウェ...
スポンサーリンク