不要になったアウトドア用品、キャンプ用品をオークションで売るコツ

アウトドア用品、キャンプ用品、登山用品といえば、ザックやウエア類やヘッドランプなどの小物類に至るまで、何かと自分の身を守ってくれる道具なだけに、愛着もあるものです。 でも、自分の経験値が上がってくると、さらに上質な道具が欲しくなるし、アウトドア用品は日々進化しているので、できれば最新のものを使いたい。 でも、これまで使っていたものも愛着があって捨てられない。 そんなことはないですか?

登山について思うこと 作家湊かなえ氏

2014年も富士山をはじめ多くの山で、老若男女問わず、様々なスタイルのハイカーで賑わいました。 しかし秋の行楽シーズンの御嶽山の噴火で、改めて自然の怖さを見せつけられたように思います。 昔、山は麓の人々によって「神様の象徴」であり、神そのものでありました。 その神聖な地に、人間が足を踏み入れ、いつの間にか自然への畏怖を忘れ、己が楽しむためだけに山を登るようになりました。そんな矢先の噴火でした。

10代のネット依存をキャンプで克服!文部科学省が主催。ネット依存対策のための「セルフチャレンジキャンプ」とは?

スマートフォン(スマホ)や、パソコンに夢中になって、健康や学業に支障をきたす子供が増えています。 今や「ネット依存」は、10代の青少年たちを蝕む社会現象ともなっています。 そのネット依存症の克服を目的にした、キャンプ活動が2014年から開催されています。

中高年の登山、ハイカーのための腰痛対策

秋から春の期間は、地上よりも山の中は冷え込みます。 活動中は汗をかくほどの運動量ですが、休憩時になると夏とは違って急激に体温が冷えてしまいます。 その冷えが原因で、腰痛を起こしてしまうこともあり、これが山の中で起きるとたいへんです。

アウトドアで楽しむコーヒー

秋から春にかけての低山ハイキングや登山では、暖かい飲み物が欲しくなります。 だからテルモスなどに、熱いお茶を入れて持ち歩く人がいたり、コンロを持っていってお湯を沸かす人もいます。 そして山で本格的なコーヒーを味わうのは、格別で贅沢な気分になります。 ●アウトドアで本格的なコーヒーを味わうために....

雪崩に巻き込まれたら

万一、雪崩に巻き込まれてしまった場合、発生と同時に待避行動を取らなければいけない。 しかし、ほとんどの場合、逃げ出すことができないだろうから大声で叫んで仲間に雪崩の発生を伝え、アバラングを装備しているならばマウスピースをくわえ...

雪崩ビーコンの使い方。雪崩捜索の手順

冬山を登るために身につけておきたい雪崩対策の知識と、万一の場合にどのような行動をとればいいか? 雪崩は雪の斜面、があればどこでも起きる可能性があり、そこに人がいれば事故となる。毎年、雪山ではそんな雪崩事故があとを絶たない。 それぞれの事故を分析してみると、自然の猛威として防ぐのが困嫌だったものから、しっかりとした装備や知識、判断力があれば回避、もしくは生還できたかもしれない事例までさまざまです。

雪山・雪渓・鎖場・岩場で起きやすい山登り事故防止対策

鎖場や岩場では、登りよりも下りりで事故が多いのが特徴。 また、もっとも緊張する箇所を過ぎたあとに転落するケースも多い。 下りでの事故が多い理由は、足もとが見えにくいなど、そもそも鎖場や岩場は下りのほうが技術的に難しいことがあげられる。 危険箇所の通過後の事故は、緊張のほぐれから注意が散漫になることが原因。●山から落ちないために

毒のある山菜やキノコによる食中毒に注意

山菜やキノコの食中毒事故の多くは、食べられるものと有毒のものとをまちがえて採取してしまうことによって起こる。 とくに形状や色などがよく似ているものに要注意。 生半可な知識でのキノコ狩りや山菜採りは絶対に避け、採取するときは山菜やキノコに精通している人

スポンサーリンク