京都西山の一番人気、ポンポン山

京都西山の一番人気、ポンポン山

ポンポン山の通称でハイカーに人気の山。その名前の由来は山頂付近の地質が特殊で足下がポンポン響くからに起因します。正しくは加茂勢山といい、場所は京都府と大阪府の県境にあり、登山ルートも多く、道標もしっかりしているからほとんど道に迷うことはないだろう。 京都府側からは向日市の善峰寺から、 大阪府側からは...

剣豪が刻んだ磨崖仏を探しながら奈良の剣豪の里を歩く柳生街道「滝坂の道」

剣豪が刻んだ磨崖仏を探しながら奈良の剣豪の里を歩く柳生街道「滝坂の道」

円成寺の大日如来像や春日堂と白山堂はともに国宝に指定された文化財もあり、地獄谷石窟仏、朝日観音、夕日観音などの石仏めぐりや石畳の道とせせらぎの音などで癒やされ、見所もたっぷりあります。後半は世界遺産に指定されている春日山原始林へ続く石畳の道。帰りに余裕があれば是非、春日大社など奈良の風情を満喫しよう...

キャンプ登山の必需品、ストーブの選び方

キャンプ登山の必需品、ストーブの選び方

キャンプ登山をするなら、山の上で炊いたご飯ほど美味しいものはない。これまで歩いてきた疲れも、すぐに吹き飛ぶだろうし、明日へのエネルギーを蓄えておくためにも必要。日帰り登山でも、寒い日にはコーヒーを湧かして飲んだり、お昼時ならラーメンをつくるのもいいだろう。そんな山の調理に欠かせないのがストーブです。...

奈良県、矢田寺・松尾寺ハイキング

奈良県、矢田寺・松尾寺ハイキング

往時の賑わいも去ってしっとりしたたたずまいの暗峠越奈良街道から東明寺、矢田寺、松尾寺と矢田山系に連なる古刹をたどるコース。・紹介地域/奈良県 ・コースの距離/約13km ・配布場所、配布元/近畿日本鉄道※地域の役所や公共機関が配布していた登山やウォーキングのコース紹介と地図を元に追記。過去の地図と現...

神戸東六甲に奇景広がる蓬莱峡へ

神戸東六甲に奇景広がる蓬莱峡へ

ゴツゴツとした奇形の岩が剥き出しになっている中国の蓬莱山の風景を彷彿させるところから名が付いた蓬莱峡(標高548m)は、ロッククライミングのゲレンデや古くは映画撮影がよく行われた奇景として知られています。 具体的に言うなら、破砕された花崗岩がさらに風化を受けて、鋸歯状の鋭い岩峰の稜線を見せる峡谷。 ...

登山用のレインウエアの選び方

登山用のレインウエアの選び方

レインウエアのイメージというと、肌にべたべたくっついて、中で蒸れやすくて気持ちが悪いというもの。特に欧米諸国に比べて多雨多湿な日本では、レインウエアはかなり重要な登山用品です。道幅が広く平坦な登山道なら傘をさしながら歩けますが、通常の登山道ではそうは行きません。登山道が雨で濡れていると滑りやすく、怪...

神戸六甲で本格的なアルプス登山?須磨アルプスへ

神戸六甲で本格的なアルプス登山?須磨アルプスへ

古くから花崗岩の岩山をアルプスに見立てて登山家たちが遊んだ山として知られる須磨アルプス。 六甲山縦走路の一部にもなっていることで、常にハイキングコースが整備され、ファミリーでも気軽にアルペンムードが楽しめるので人気の山です。このコースの特長は六甲山系ではいちばん海に近く、明石海峡大橋が眺められる山と...

どうする富士山?環境保全か、観光収入か。存在価値を売る難しさの中で

どうする富士山?環境保全か、観光収入か。存在価値を売る難しさの中で

富士山に世界遺産の「宿題」に対する解答を世界にしなければならない日が迫ってきていることを、新聞のニュースで知りました。 2013年6月に富士山が世界文化遺産に登録されて2年が経過しました。 その時は条件付きでの登録だったのですが、やっぱりというか、地域のどろどろした利権問題が絡んでなかなかまとまらな...

神戸市長田のパワースポット高取山

神戸市長田のパワースポット高取山

高取山は神戸市長田区の背山で、古くは神撫山(かんなでやま)と呼ばれていました。 標高328mの山頂には高神社があり開運・諸願成就の神社として現在も参拝者が多いパワースポット。 登山道(参道)沿いにハイカー・登山者に人気のある茶店が4軒(閉店している場合もあり)あるのもこの山の特徴。海を見下ろす展望が...

山の危険な虫から身を守る方法(2)

山の危険な虫から身を守る方法(2)

登山中には出遭いたくない虫がいます。川や沢など水のあるところではブユに悩まされ、暗く湿った山中では気づかないうちにヤマビルに咬まれて衣類が血だらけになっていたということもよくあります。完全に防ぐことは無理ですが、少しでも被害を最小限に抑えるための対処方法を記載しています。ブユ(ブヨ)類の対処法●成育...

スポンサーリンク