新遊歩大全(私的モノ語り)

故郷の干し柿、登頂の疲れ癒やす登山家の田部井淳子さん

世界最高峰のエベレスト登頂を目指し、アタックしていた途中で口にしていたものがある。干し柿だ。もう38年前の話だが、それは生まれ故郷、福島の懐かしの味であり、自然の甘さが疲れを癒やし、偉業を果たす力になった。
新遊歩大全(私的モノ語り)

化粧水でメーク長持ち。汗はすぐ拭き、体臭予防へ

気温の上昇とともに、汗をかくことが多くなった。 近年は暑い日が増えたうえ、節電対策から冷房の設定温度も高めになり、春から夏にかけて、以前より多く汗をかいている人もいるだろう。 汗染み、体臭、メークの崩れと、職場や外出先での視線も...
新遊歩大全(私的モノ語り)

プロ登山家、竹内洋岳の譲れない逸品

2012年5月にダウラギリに登頂し、17年かけて全8000メートル峰14座の完全登頂を達成した。しかし2007年には、10座目となるガッシャブルムIIで雪崩に遭い奇跡的に救出されています。そんな竹内さんの旅にいつも同行している山の道具達があ...
新遊歩大全(私的モノ語り)

80歳の冒険心!三浦さん、楽しんで最高峰征服

プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎さんが、世界最高齢の80歳で3度目のエベレスト(8848メートル)登頂に成功した。若い頃から人が思いもつかない冒険を積み重ねてきた三浦さんだが、本人の中では、楽しくて楽しくて次々と遊び心が爆発しているのだと...
新遊歩大全(私的モノ語り)

アルパインクライマー平出和也「極限の世界カメラに収める」

平出和也(ICI石井スポーツ所属、33)は、80歳で3度目のエベレスト登頂を目指す冒険家・三浦雄一郎の撮影を引き受けた。プロの山岳カメラマンの肩書を持つようになったのは、ほんの数年前だ。8000メートル峰14座を極めた竹内洋岳の10、11座...
新遊歩大全(私的モノ語り)

アルピニスト野口健 自然と国家と人間と

七大陸最高峰の最年少登頂達成し、それからメディアに注目されながらも、エベレストの清掃登山などをはじめ、自然との共存を自らの行動で啓蒙し続けている野口健さん。最近の登山の流行や、登山を取り巻く環境について語られた記事を紹介いたします。
新遊歩大全(私的モノ語り)

登山家、田部井淳子氏が語る「素晴らしい自然が誇り、自分の足で歩き元気に」

ゆっくりとではありますが、震災からの復興は着実に進んでいるものの、その道程はまだまだ遠い。 気候も良くなり、行楽に最適なシーズンを向かえ、福島県三春町出身の登山家、田部井淳子さんは「福島の素晴らしい自然をぜひ歩いてほしい」と話す。
新遊歩大全(私的モノ語り)

荷物の詰め方で歩きやすさは大きく変わる!

いいザック、いい装備をいくら揃えたとしても、今度はそれをザックの中に機能的にパッキングしなければ、その恩恵を受けることは難しい。詰め方(パッキング)のセオリーを知っているか否かで、疲れ方が全く変わってくるからだ。 そしてもう一つ、旅から帰...
新遊歩大全(私的モノ語り)

快適に背負えるザック選びが、旅の楽しみを左右する

バックパッキングにおいて、生活用品一式を収納するザックは家に例えると外壁に当たります。しかし、この外壁は実際の家と違い、背負って移動するという特殊な目的がある。自分の生活=旅のスタイルに合わせ、いかに効率よく収納し、また快適に背負かて歩くか...
新遊歩大全(私的モノ語り)

バックパッキングで使いたい、テント選びで失敗しないポイント

バックパッキングでは、つねに寝室(テント)を持ち歩かなければならない。その観点から野外での適切な寝室を作るためのさまざまなポイントを考えてみたい。