モンベルの辰野勇が語る経営学(3)独立の契機は特殊繊維

モンベルの辰野勇が語る経営学(3)独立の契機は特殊繊維

辰野勇氏はアイガー登はんの成功で、自らの登山の技術に自信を持つようになりました。 そこで帰国後にまず行ったことは、国内初のロッククライミング学校を立ち上げることでした。 今ではモンベルが様々なアウトドア体験イベントや、講習を行っていることはよく知られています。 メーカーとして、アウトドアレジャ...

モンベルの辰野勇が語る経営学(2)人生の目標得た1冊

モンベルの辰野勇が語る経営学(2)人生の目標得た1冊

モンベルの創業者である辰野氏は、商人の町として歴史がある大阪府堺市に8人兄弟の末っ子として生まれました。 実家はすし屋を営んでいて、物心がついたころから両親が働いている姿を間近に見て育ったそうです。 辰野氏はそんな両親を見ながら、自分もやりたいことを仕事にしたいと考えるようになりました。 しか...

モンベルの辰野勇が語る経営学(1)怖がりゆえの早い決断

モンベルの辰野勇が語る経営学(1)怖がりゆえの早い決断

総合アウトドア用品のモンベル(mont-bell大阪市)と言えば、アウトドアスポーツを楽しんでいる人で知らない方はいないと思います。 特に実地検証と体験に基づいた商品づくりに信頼をおいて、ずっと使い続けている人は多い。 しかもブランド価値を世界的に高めつつも、価格は機能性と品質を鑑みた場合、リー...

もしも天候の急変でビバークを余儀なくされたら?

もしも天候の急変でビバークを余儀なくされたら?

麓では晴れていたので、そのまま気持ちよく登山が楽しめるかと思っていたら、山頂に進むにつれて、雲行きが怪しくなり、雷がゴロゴロと・・・。 あぁなんだか嫌だなぁ。レインコートを着たほうがいいかな?雷はどう避ければよかったのかなぁ? このように天候の急変としてよく体験するのが台風や低気圧による大雨、濃...

登山中にパテて動けなくなってしまったらどうする?

登山中にパテて動けなくなってしまったらどうする?

山を歩いていていると、どうにも体が思うように動かない、だるい、足が重いと感じる時があります。 暑い日などを除き、通常の山登りでそう感じる場面としては、グループや友だちと歩いていて、相手のペースに合わせて歩いている場合や、あともう少しで頂上だ、展望が良いところだから、そこまで頑張ろうとする場合がバテ...

カシオのアウトドア用スマートウォッチ『Smart Outdoor Watch WSD-F10』ついに発売

カシオのアウトドア用スマートウォッチ『Smart Outdoor Watch WSD-F10』ついに発売

2015年はスマートウォッチ元年でした。Appleをはじめ今ではソニーなどのITメーカーが様々な機種を発売しています。しかし、なかなか一般に盛り上がってこないのは、まだ新しいメディアなのでメーカー側もどのように使えばいいのか、手探りの状態で出発しているからです。普段使いという視点で考えると、スマート...

最澄、親鸞、法然ゆかりの都富士、比叡山系横高山

最澄、親鸞、法然ゆかりの都富士、比叡山系横高山

比叡山を京都盆地の北の方から眺めると山姿が富士山のような形に見えるので、別名都富士と呼ばれています。 比叡山で修行した最澄、親鷺、法然も登ったと伝えられる雲母坂はハイカーも多い人気のあるコースで、山頂にはガーデンミュージアム比叡もあり、京都・滋賀南部の広がりある風景が望めます。雲母坂登山口からは溝状...

京都大原三山のひとつ、金比羅山

京都大原三山のひとつ、金比羅山

こんぴらさんと聞くと四国香川県にある金刀比羅神宮が目に浮かびますが、ここで紹介するのは京都にある金比羅山。 京都を代表する観光名所の三千院や、寂光院で有名な大原の里を囲む西側の山並は、左から金毘羅山・翠黛山.焼杉山で、大原三山と呼ばれて多くの人々に親しまれて賑わいます。この辺りは交通の便がよいので、...

京都で人気のハイキングコースで家族がスズメバチに刺される被害発生

京都で人気のハイキングコースで家族がスズメバチに刺される被害発生

2015年9月13日午後0時半ごろ、京都市右京区嵯峨清滝大谷町の東海自然歩道でハイキングをしていた家族連れら計12人がスズメバチの群れに刺されるという事件がありました。 刺された人々は病院で治療したが、10人は軽傷で2人は調査中という。この清滝周辺のハイキングコースは愛宕山に登るルートと清滝川沿いを...

単独行で山の道標を見落とす度に遭難へと近づくことになる恐怖

単独行で山の道標を見落とす度に遭難へと近づくことになる恐怖

歩く人にとって道はつねにまっすぐではありません。 山では道標がないと限りなく迷路になってしまう。 ハイカーの多い人気の山は、たくさんのエスケープルートが設けられているので道標は多いものの、地名を理解していないとどこに通じているのかサッパリわからない。 ハイカーの少ない山は、道が笹藪で覆い隠されていた...

スポンサーリンク