モンベルの辰野勇が語る経営学(3)独立の契機は特殊繊維

今ではモンベルが様々なアウトドア体験イベントや、講習を行っている。 アウトドアレジャーの普及で社会の環境意識を高めてもらうという目的のもと、自社商品を試してもらう場でもあり、直接ユーザーの声を聞くことができる場でもあります。 モンベルの商品開発姿勢が、どのように形作られて、定着していったのでしょうか?

モンベルの辰野勇が語る経営学(2)人生の目標得た1冊

モンベルの創業者である辰野氏は、商人の町として歴史がある大阪府堺市に8人兄弟の末っ子として生まれました。 実家はすし屋を営んでいて、物心がついたころから両親が働いている姿を間近に見て育ったそうです。 辰野氏はそんな両親を見ながら、自分もやりたいことを仕事にしたいと考えるようになりました。

モンベルの辰野勇が語る経営学(1)怖がりゆえの早い決断

総合アウトドア用品のモンベル(mont-bell大阪市)と言えば、アウトドアスポーツを楽しんでいる人で知らない方はいないと思います。 特に実地検証と体験に基づいた商品づくりに信頼をおいて、ずっと使い続けている人は多い。登山家の視点からの商品開発を進め、登山で磨いた「決断力」とは?

もしも天候の急変でビバークを余儀なくされたら?

昔から山の天候は変わりやすいと言われます。 近くに山小屋や避難小屋などがある時は慎重を期して一時避難することもできますが、ない時はビバークするしかなくなります。 低山だからと油断して装備も不十分な状態の登山者も多いと聞きます。

登山中にパテて動けなくなってしまったらどうする?

山登りをする人なら、レベルや経験を問わず、ほとんどの人がパテた経験があると思います。 バテの原因は自分の運動能力以上のハイペースで歩いたり、立ち止まるのが嫌で食事をとらなかったことなどがあります。しかし、単独行の場合は・・・

スポンサーリンク