登山と野外活動の技術

危険回避・ファーストエイド

山や自然公園内の虫除けに効果を発揮する防虫便利グッズ まとめ

山や自然公園で出遭う嫌な虫から身を守るためには、とにかく虫を寄せ付けないのが一番の対策法。スプレータイプの虫除け薬をはじめ、携帯用の防虫マットやハーブ類など、種類豊富な虫除けグッズの中からアウトドアで役立つ虫除けグッズを紹介しましょう。
2016.08.08
新遊歩大全(私的モノ語り)

夏山登山の危険回避の心得

本格的な夏山シーズンを迎えるにあたって、注意しなければならないことがあります。特にここ数年は自然環境の変化からくる異常気象や、動植物への影響など、普通では予想ができないようなことが起きる状況です。では、どういうことに注意をすれば良いのか?基...
2016.08.08
危険回避・ファーストエイド

山や森林公園で毒蛾(ドクガ)の被害に遭わないために注意すること

毒蛾は全国に分布し、幼虫がいろいろな雑草や樹木の葉を食べるドクガと、本州以南に分布し、ツバキやサザンカの害虫として知られるチャドクガが代表種です。ともに時期によっては、大発生することがあります。発生はドクガが年1回、チャドクガが年2回で、ド...
2016.08.08
新遊歩大全(私的モノ語り)

過酷な自然を歩く技術と疲れない歩き方

旅の途中でパテたくなかったら、日ごろからトレーニングして足腰を鍛えておかなければならない。毎日できる手軽なものとしては、ハーフスクワットや階段の上り下りなど。また、日帰りや小荷物の小さな旅を回数こなすことも大きな効果がある。以上のことを前提...
2016.04.14
危険回避・ファーストエイド

京都で人気のハイキングコースで家族がスズメバチに刺される被害発生

2015年9月13日午後0時半ごろ、京都市右京区嵯峨清滝大谷町の東海自然歩道でハイキングをしていた家族連れら計12人がスズメバチの群れに刺されるという事件がありました。 刺された人々は病院で治療したが、10人は軽傷で2人は調査中という。この...
危険回避・ファーストエイド

登山届が自分の命を守る重要な命綱になる理由

2014年の御嶽山の噴火や、海外でも山岳地域の災害に伴う遭難が最近よく耳に入るようになりました。 皆さんは登山届を提出していますか? 1000m程度の山でも藪が多かったり、歩行に困難な場所が多い登山道がある山では、登山届を出すポストが登山口...
危険回避・ファーストエイド

最低限、登山で必要なファーストエイドキットの基本

基本的には飲みなれた内服薬と、バンドエイドや包帯などの外傷用キットを用意すればいい。そして、風邪薬や胃腸薬、鎮痛薬などの内服薬は、ふだんから飲みなれているものや病院で処方されたものを持っていくこと。また、外傷の応急手当をする際に、C型肝炎や...
危険回避・ファーストエイド

中高年登山者の遭難事故を防ぐ、山行中の病気の予防と対応(2)

山を歩いているときにかかる病気といえば、代表的なものに高山病や熱中症などがあります。特に夏場などに標高1000mに満たない山に登るときや、尾根をずっと歩き続ける時に熱中症になりやすい。最近は昔と違って山の気温も高めになってきているので、気候...
危険回避・ファーストエイド

登山中のケガの応急手当の方法

登山中に多いケガ、生命の危機におよぶ可能性のあるケガでいちばん多いケガは、転倒などによるねんざ・骨折、切り傷・擦り傷です。多くの登山者を迎える北アルプスでは、各県警察の山岳救助隊などが山岳遭難の救助にあたっている。2000年の長野・岐阜両県...
危険回避・ファーストエイド

中高年登山者の遭難事故を防ぐ、山行中の病気の予防と対応(1)

山での病気というと、疲労や激しい温度差などが要因となって風邪の症状が出ることが多いが、ほかにも注意すべき病気がいくつかあります。中高年登山者がとくに注意すべき病気や、頻度が高く、重篤になると生命の危機につながる病気を中心に記載しています。中...
危険回避・ファーストエイド

夏山の恐怖!雷から身を守る方法

夏山で出遭う大きな恐怖といえば雷。気象条件から雷の発生を事前に予測する方法と、実際に山で遭ってしまったときの対処法を考えてみよう。「さえぎるもののない山の稜線のをまたたくまに雷雲がおおい、目の前を閃光が走る雷の轟音は、足もとを地ひびきのよう...
スポンサーリンク