「 遊歩の徒然記 」一覧

自然や環境、アウトドアライフに関する想いを徒然なるままに綴っています。
お時間のある時に読んでください。

春の森で・・・

森に入り、ちょっと湿った地面に目をやると、樹の切り株やその根元から蘖(ひこばえ)を見つけることができます。蘖とは、小さな新芽のこと。 「ひ...

これは犯罪か?善意か?兵庫県加西市に金色に着色された石仏が出現

石仏めぐりは、ウオーキングのテーマとしても人気があり、春や秋に里山に残る石仏を探しながらあるくハイカーたちをよく見かけます。 長い年月風雨にさらされて、風化してしまった石仏を見ながら、歴史の時間を感じ、地元に愛されてきた祈りの風習を感じることができます。決して人の技術だけでは作ることができない、石仏は自然と人が創りだした芸術作品でもあります。

世界遺産登録で儲け話に歓喜する富士山!商売人達の逞しい商魂と問題

三保松原を含めた世界遺産登録に歓喜する富士山の裏にある商売人達の暗い影。日本人の象徴として名高い富士山が、2013年6月22日に国連教育科学文化機関(ユネスコ)が世界文化遺産に決定。 勧告で除外を求められた三保松原も一転して登録が認められ、地元の静岡、山梨両県の関係者らは悲願達成に沸き立っているというが・・・

今日も自然に癒される日々を・・・

自然の中にいると、ほっとしませんか? 私は、とっても癒されます。 目には見えませんが、人にはそういう自然と求める力が働いているように思う。 人が誕生した生まれ故郷のような感覚が、本能に眠っているからに違いない。

スポンサーリンク