キャンプの夜に明かりを灯すランタン

一日の行動を終えて、ふと我に返る時間を演出してくれるのは、優しい光のランタンです。
少し光を弱めて、ろうそくより少し明るいぐらいが、自然の中でちょうどいい明るさです。
今日はどこを歩いてきたのか?
何に出会い、語らったのか?
そして、明日はどこを歩こうか?
そんな思いを巡らしながら、ほのかな明かりを見つめる時間ほど、愛しい物はありません。

ランタンについて

●ランタンはストーブと燃料を統一するのもあり、無いと少しさびしく、あると便利なのがランタン。

燃料はガス、ガソリンのほか、灯油やキャンドルランタンなどもあります。
しかし最近では、LEDを使ったランタンをよく見かけるようになりました。
ただLEDタイプは、品質にバラつきがあり、LED電球の個数が多いから明るいとは限りません。
反射板やレンズなど、造りそのものに左右されるので、購入する時は実際につけてみるといいでしょう。
また、軽いと言っても電池の重量があるので、使用電池の種類や使用個数、連続点灯時間もよく考慮に入れた方がいい。

短期間のバックパッキングなら、小型のLEDランタンでも十分だろう。

●ガス、ガソリンタイプのランタンについて

利点
・ストープと燃料を共有できる
・光量が明るい
・雰囲気がある

欠点
・ホヤの取り付けなど経験が必要
・ホヤが高い
・熱を持つので取り扱いに注意

最近は金属製のホヤを使うタイプもありますが、光量が弱くろうそく程度にしかならない。

●基本は明るい内に作業は済ます

自家用車で移動するオートキャンプと違って、バックパッキングの場合は、小型のランタンで料理をしたりテントを設営するのは、ちょっと心もとない。
できるだけ作業は、日のある内に済ませて、ランタンの元では食べたり、ゆったりした時間を過ごすほうがいい。

明るいうちに食事の準備を済ませてしまい、日が暮れたらストーブは使わない」というスタイルがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク