山と渓谷で連載した芦澤一洋のアウトドアものローグに寄せて

遊歩大全の翻訳、フライフィッシャー、アウトドアマンとして日本の先駆者だった芦澤一洋氏が、山と渓谷誌に連載して好評をえていたのが「アウトドアものローグ」だ。
今では読むこともできないが、どんなエッセイだったのか、その概要を知ることができる記事があるので紹介する。
※以下は1999年に発行されたOUTDOOR誌より転載。

y0022-7

スポンサーリンク

森の香りや風や雪のダシで調理した、独り言のような一皿料理のようなエッセイ

初代の「アウトドアものローグ」は芦澤一洋により『山と渓谷』誌上で11983年から2年間にわたって連載された。

強い愛着心でもつて厳選されたアウトドアの〝もの〟そのものをそんじょうに上げ、森の香りや風や雪のダシで調理した、まさに独り言のような一皿料理のエッセイだった。

アウトドアライフという外国製の遊ぴであるから、外国の新式野外用具が使われるのはあたりまえのことだ。
おっといけない。
アウトドアライフは遊びではない。
ましてやスポーツでもないことを彼は当初から力説していた。

スポーツの用具を使い、肉体の鍛練を自己に課する場面があったとしても、求めるところは争いを知らない自己洞察の世界。
シンパシー、共生を希求する心の世界だ、と。

とはいえ、アウトドアの外国用品にはおもしろいものが多く、それにひかれてアウトドア参り、というところ、なきにLもあらずだった。

それはときに小難しく展開される芦澤理論でも認めるところで、さきのブックブラザーでは「ハーター」や「L.L.ビーン」の初期カタログを購入、個人輸入に思い巡らせていたはずだ。

ぼくの72年「カペラス」カタログには、ほうぼうに赤丸が付いている。並行輸入などという言葉が一般的でなかった時代だったとはいえ、それはできないことではなかった。
しかし難儀な作業ゆえ、仕事でアメリカへ行くへようなやつの機会をつかまえ、強引に買い物を依頼するときのための、それは赤丸なのだった。

ニューマーチン72フライリール12ドル89、ガルシア・ブラウン〝バックパッカー”ロッド5f15ドル99、アウターズ・ヒッコリー・スモーカー26ドル95、ヒマラヤンNO9バックパッカー37ドル95、リストロケット(パチンコ)2ドル95、etc.
そのチョイスを今見るとなんともほほえましく、こせばゆくなってくるのである。

芦澤式『アウトドア・ものローグ』は連載終了後に森林書房でまとめられ一冊になったけれど、1973年から5年間にわたって『山と渓谷』に連載された「表紙のことば」にも、すでに用具を通して自然を語り、関連書を紹介するスタイルは明確になっていた。

ここでは本職がまだわずかに働いていた。
表紙のデザイン処埋をやっており、それを補足する意味の「表紙のことば」を書いていたわけだ。

本来脇役の役割であったそれは、やがて主役顔に変貌、アウトドアライターとしての力がこれでもかというほどに発揮され始める。

73年12月号の表紙は、中央本線の鈍行でゆっくり山旅をしようとしている男がシートにいる。

時の流れに逆行するような鈍行列車で山へ行こう。

しかし黒サージで高い所へ変ろうと気勢を上げ、山麓をぶらつくだけでは経済的に損と思うのは野暮。
ホームスパンの味を知らなければだめだ。という『登山とハイキング』(35年、菅沼達太郎)の意見を紹介しつつ、「ブリムの広いボルサリーノ、オフホワイトのカントリーシャツの上にラムウールのⅤネックスウユタt、カーフのジャケットとコーデュロイのスラックス、リブニットのタイをつけてアッシュの杖を持つ」と12月にレトロな山麓歩きスタイルを提唱するのである。

遊歩大全 (ヤマケイ文庫)

新品価格
¥2,310から
(2014/2/15 02:44時点)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする