過酷な自然を歩く技術と疲れない歩き方

旅の途中でパテたくなかったら、日ごろからトレーニングして足腰を鍛えておかなければならない。毎日できる手軽なものとしては、ハーフスクワットや階段の上り下りなど。また、日帰りや小荷物の小さな旅を回数こなすことも大きな効果がある。

以上のことを前提としたうえでの歩き方のテクニックであるが、まずはリズミカルな歩き方を心掛けるようにしよう。ややきついと思うレベル(自分の限界の6~7割程度のつもりで)を上限に、30分から1時間は続けて歩ける二足のスピードが適切だ。あいまいな表現だが、慣れてくればつかみやすい。

yuho2013-05-22-2

また、特に下りでいえることだが、足に衝撃が少ない歩き方も要求される。ドスンドスンではなく、そつと足を置いてジワッと力をかけるような(足音が聞こえないような)歩き方である。これは、衝撃からくるひざや筋肉の故障、疲労を防ぐだけでなく、転倒などの事故を防ぐことにもつながる。

さらに、最近、日本の山でもよく見かけるストックであるが、正しい使い方をすればこれも大きな味方となる。平地や上りでは推進力の補助となり、下りでは前述の着地の衝撃を和らげる効果がある。また、あらゆる場面でバランスの補助ともなる。

ただし、脚力の一部を腕で受け止めるわけだから、それなりの腕の力が必要となる。腕力が不足した状態でストックを使用するとかえってわずらわしいものとなって危険でもあるのだ。また、障害物の多いコースではそれをクリアしつつ効果的に突くテクニックが必要となる。

【基本的なストックワーク】

●平地を歩く
垂直に突いたときにひじが直角になるくらいが適正な長さ。歩行リズムに合わせ、少し後ろに押し出すように突いていく

●登りの場合
平地より短め(斜度がさつければより短めに)に調整する。前足の横あるいは少し前に突き、後ろに押し出して推進力の補助とする

●下りの場合
平地より長めに調整する。下りの衝撃を和らげ、バランスをとるのが目的なので、足の着地より早く、やや前方に突く

【大敵〝マメ〃の対処法】

マメは予防が第一。靴下のしわなどの違和感はもちろん、少しでも「当たっているかな?」「こすれているかな?」と思ったら、その部分に靴ずれ防止テープやバンドエイドなどを貼って対処しょう。また、専用のパウダーを振りかけたり、固形石鹸をこすりつけておくのも効果がある。

汗で靴下が湿ってくると、足が動いたときに皮膚が引きずられてマメができやすくなるので、休憩のときに靴を脱いで靴下を乾かしたり、場合によっては替えの靴下に履き替えるのも有効。

マメができてしまったら、針をライターなどで加熱消毒してから表皮に刺し、中の水を抜いて消毒しておく。皮は破らないこと。マメから浸出液がある場合は、バンドエイドや専用シールなどを貼っておく。

大きく皮がむけてしまったような重傷の場合、感染症予防にやけど用の抗生物質入り軟膏を塗ったガーゼを当て、帰宅したら皮膚科で治療を受けたほうがよい。

【ソックスを侮るなかれ】

ひと昔前のゴツい登山靴の時代は、ソックスは厚手のウールを2枚重ねというのが普通だった。しかし、ブーツの素材や構造が変わった現在では、やや厚手のスポーツソックス・タイプのものを1枚、というのが普通。素材もウール100%、ポリエステルなどの化学素材、あるいはそれらの混紡といろいろある。一般的に化繊のものは吸汗性・速乾性に優れ、ウールはぬれでも保温性に優れる。コットン製はぬれると冷たく、乾きも遅いので不向き。

また、織り方に工夫を凝らし、サポーター効果を持たせたものも多い。

マメ防止、衛生面からも、できる限り毎日乾いたものを着用したい。

【ストレッチングも技術のひとつ】

毎日のウオーキングの前と後にはウオーミングアップとクールダウンが必要である。特に効果的なのがストレッチングで、ウオーミングアップで行なえば脚のけいれんを起こりにくくする予防的効果があり、クールダウンでは疲れを翌日に残さない効果がある。ただし、行動終了後のストレッチングは時間を置くと効果が薄くなるので、一日のウオーキングが終了したらすぐに行なうのがよい。

どちらも、ストレッチングする部分の筋肉をゆっくりと伸ばしてゆき、痛みを感じる一歩手前の段階で30秒から1分間くらい停止したまま保持する。ゆっくりと深呼吸しながら行なうのがポイントで、けっして勢いをつけて反動で伸ばしたりしないこと。また、必要に応じて2、3回くり返すとよい。

また、ウオーミングアップは体をほぐし、動きをスムーズにすることによって、ケガなどを防止する目的もある。ラジオ体操などに代表される軽い運動を同時に行なうと、より効果的だ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク