ソロキャンプのための夏の防虫・虫除け対策

ソロキャンプのための夏の防虫・虫除け対策

寒い冬のキャンプシーズンを終えると賑やかな春夏のキャンプシーズンがはじまります。冬は寒かったけど虫は居なかったのですが、これからは虫が生を謳歌する季節です。
季節を演出する風流な虫もいますが、困るのは蚊やアブ、蜂、ブヨ、ハエ、マダニ、ムカデなど人体に影響を及ぼす虫たちです。
最近ソロキャンパーで流行っているのは、軍幕やバップテントと呼ばれる「地面がむき出し」タイプのテントです。

スポンサーリンク

2020年の現在おすすめする防虫対策

軍幕・バップテントは通常のテントとは違って地面がむき出しになっているから、当然虫たちがわさわさと地面を張って、もしくは土の中からでてきます。
通常のテントでもちょっと入り口を開けていると虫が侵入してきます。
自然の中ですから、虫に罪はなく共存を考えるべきなのでしょうが、楽しい時間が不快な時間になるのは困ります。虫には申し訳ないが、今できる最適な防虫対策を提案したいと思います。

◎蚊取り線香

テントの周辺を飛び回る虫を遠ざけたいなら、まず最初に取り出すのは蚊取り線香です。
ただし、家庭で使っている蚊取り線香は室内用なのでほとんど効果がありません。
アウトドア用の蚊取り線香を使いましょう。

★蚊取り線香を置く場所は、風上になるところでランタンなど明るく照らす場所に置きます。虫はランタンや懐中電灯の明かりに寄ってくるので、必ず明るい場所に置きましょう。昼間であれば自分の側に置きます。

★強風のときなどはほとんど効果がありません。蚊取り線香は風の影響を受けます。そして匂いもあるので密集したキャンプ場などでは近隣のキャンパーに配慮する必要があります。

★おすすめの蚊取り線香は富士錦 パワー森林香
遊歩も使っていて、農作業や山仕事をする人々の定番商品。かなり太いので着火の際は時間がかかりますが、そのぶん煙の量が多いので防虫効果が期待できます。


専用のケース付きのものも販売していますが、身につけるのでなければ余ったペグや針金やを使えばいいでしょう。私はセリア(100均ショップ)で購入した蚊取り線香用のケースを使っています。

蚊取り線香の携帯ケース

◎体に噴霧する虫除けスプレー

山の中や河原など野性味あふれる自然の中で使うなら「ディート」という成分が入った虫除けスプレーが効果的。
特にマダニとヤマビル・ツツガムシにも効果があるのが嬉しいです。
自分の体だけでなく、テントの入り口付近に噴霧すると、虫の侵入をあるていど防ぐことができます。

★肌に直接付けるのもいいのですが、真夏の場合は汗ですぐに流れてしまうので、衣類や帽子などに噴霧するほうがいい。ただし素材によって薬剤の影響を受けるかもしれないので注意してください。
また通常販売されているタイプは200ml以上と容量が多いので、小さなスプレーボトルに詰め替えて使用する方法を私はとっています。

★詰替え用のスプレーボトルを使用する際は、アルコール対応の容器を使うこと。そうしないと容器が変質する場合があります。

★おすすめの虫除けスプレー

★お肌の弱い方にはアロマ系の虫よけスプレーを使うのがおすすめ。
防虫効果の高いヒバオイルを希釈してスプレーボトルに詰める手間はありますが、体への影響は少ないです。
ただしヒバオイルはいろいろなメーカーから販売されており、中には品質の良くない商品もあります。
おすすめするのは天然青森ヒバオイル 100ml入

◎タープの内側に噴霧して防虫対策

本来は6畳ぐらいの室内に使用するものなのでソロキャン用のテント内で使うことはできませんが、タープの内側に噴霧すれば防虫効果が期待できます。しかも長時間効果が持続するので、8時間以上キャンプ地で過ごすなら最適です。

★おすすめの長時間効く防虫スプレー

◎刺されてしまったときのポイズンリムーバー

もしも蚊やアブ、蜂などに刺されてしまった直後ならポイズンリムーバーを使うといい。アウトドアのファーストエイドキットには必ず入っている定番商品ですが、自分の口から毒を吸い出す行為は危険なので、ポイズンリムーバーを使って安全に毒を吸い出したほうがいい。
また、山奥や山村地域のキャンプ場だと医療施設が近くにあるとは限りません。自分で処置できるように準備しておいたほうがいいでしょう。

◎マダニに噛まれたら指でとってはいけない

もしマダニに噛まれて皮膚に喰い込んでいる状態になっているなら、指で無理に引き剥がすと毒が体に残り重体になるケースがあります。
しかし家に帰るまでマダニと共存生活するのも嫌なので、そんなときはかんたんな器具でダニを取ってしまいましょう。
この「Tick Twister ダニ取り ティックツイスター」は人間でも動物でも使うことができます。
ダニを引っ張らずにほんの数秒くるくる回すだけです。アウトドア、キャンプ、登山、自宅内など、様々な場面でどこでも使う事ができます。

以上、ソロキャンプに持参しておきたい防虫・虫除け対策グッズの紹介をしました。全部持参しても荷物にはならないぐらいコンパクトなので徒歩旅や登山、サイクリング、ツーリングなど持てる荷物に限りあるソロキャンパーには最適な選択になっています。これで春~秋のキャンプシーズンを快適に過ごしましょう。

遊歩
遊歩

以上、ソロキャンプに持参しておきたい防虫・虫除け対策グッズの紹介をしました。
全部持参しても荷物にはならないぐらいコンパクトなので徒歩旅や登山、サイクリング、ツーリングなど持てる荷物に限りあるソロキャンパーには最適な選択になっています。これで春~秋のキャンプシーズンを快適に過ごしましょう。