歩く技術(山・森・里)

歩く技術(山・森・里)

ハイカーなら地図と磁石で現在位置を確認する癖を持とう

中高年登山者の事故が増加しています。その1、2位を争うのが下山時の転倒滑落と道迷いだといわれます。山に登る際は際には、必ず地図と磁石(コンパス)を携行して欲しいと思います。 ハイキングに使える地図にはいろいろなタイプがあります。登山のため...
歩く技術(山・森・里)

自分の体は自分自身で健康管理するのが、ひとり歩きハイカーの鉄則

電車やバスに乗って登山口にたどりつき、いざ山道を歩き始めてみたが、体調がかんばしくないのか、登り坂ですぐにパテてしまう人。「きのう遅くまで飲んでいた」「残業続きで疲れている」「風邪ぎみ」「久々に体を動かしたのできつい」などの理由はよく聞く話...
歩く技術(山・森・里)

ハイキングでは、誰でもバテる。大事に至らないように早めの休息とエネルギー補給が鉄則!

ハイキングしている時に、バテたなぁと口にする時、この「バテ」は「疲れ」を意味しています。 山登りというのは、脚の筋肉を伸ばしたり縮めたりしながら、長時間にわたって自分の体とザックを前へ前へと運ぶ作業なのだから、心身ともに疲れて当然です。平...
歩く技術(山・森・里)

登山に下界の不作法を持ち込まない!みんなが泊まる山小屋だから…

登山道や山小屋の整備力流実してきた反面、初心者も増え、山という環境を知らないことからくるマナーの悪さがめだってきているようです。しかもそういった人に限って自覚がなく、不愉快な思いをした人も多いのではないだろうか。
歩く技術(山・森・里)

地形図を塗り絵に!目標を掲げて地図の塗りつぶし登山

初版発刊から三十余年をへだて、ハイキングが注目される度に引き合いに出されるのが深田久弥の「日本百名山」。NHKでも人気番組になっています。 ただし名前ばかりが独り歩きしている印象もありますが、百名山完登という目標をもってひとつひとつピーク...
歩く技術(山・森・里)

山の歩き方でペース配分の失敗をしないために心がけたいこと

山では自分のぺースを崩さずに、一定のペースで歩き続けることが、パテないポイントとなります。このペースを崩さない歩き方が初心者の場合は、なかなか難しいことです。
歩く技術(山・森・里)

山にはいろいろな楽しみが隠されている!山の楽しみ方を知り、体験できるかどうかは登山計画次第

安全登山の基本は、無理のない登山計画を立てることからはじまります。最近は余裕がないように見える登山者もずいぶん多い。目的を達成するために、時間に追われるスケジュールになっているようです。山の遭難事故やケガは、余裕のない計画から起きます。山に...
歩く技術(山・森・里)

高山病にかかりたくない!高山病予防に必要なのは睡眠と全身持久力

山は標高が高くなるにしたがって気圧は下がり、空気中の酸素は少なくなってくるというのは常識です。酸素が少なくなれば当然、人体が摂取できる酸素の量も低下します。しかし、登山に必要な酸素摂取量は、標高に関係ありません。そのため標高が高くなるほど、...
歩く技術(山・森・里)

バテずに歩く方法は体力を自覚し、体力に応じたペース配分を工夫する歩き方

大学時代は山岳部でならしていたというY氏(37歳)はバリバリの企業戦士でしたが、就職してからは山とも離れ、せいぜい年に数回、それも近郊の低山を歩く程度。 最近の登山ブームや山ガールの登場で若者が山に戻りだして来た現象を知り、再び山に登りた...
歩く技術(山・森・里)

ゆとりの山歩きができる秘訣と健康登山のすすめ

健康にもよさそうだからと山歩きを始めた人は、中高年の登山者にはとくに多いはずです。たしかに、一般論としては山歩きは健康によいと言われています。 低山の樹林帯のなかを歩けば、フィトンチッドを全身に浴びての森林浴にもなります。高山の森林限界の...
歩く技術(山・森・里)

登山者同士のトラブルは迷惑!ちょっとした気遣いで気持ちいい登山に

何もない自然だから、社会のルールを無視してもいいということはありません。むしろ人間が自然の中に入り込むことで、自然に与える影響を考えた行動が求められるので、下界よりも厳しい自然界のルールがあります。最近は登山者やハイカーが増えてきましたが、...
スポンサーリンク