遊歩旅行ガイド

スポンサーリンク
地域別紀行ガイド

柳生一族の史跡と伝説を感じながら奈良県柳生街道「剣豪の里」を歩く

柳生十兵衛らが活躍した柳生一族でおなじみの剣豪の里を歩く。 里のあちこちには、柳生一族ゆかりの屋敷や寺などが点在しています。 なかには柳生新陰流を編み出した石舟斎が切ったという一刀石など不思議なものもあり、言い伝えを想像しながら歩くのもいい...
地域別紀行ガイド

京都西山の一番人気、ポンポン山

ポンポン山の通称でハイカーに人気の山。その名前の由来は山頂付近の地質が特殊で足下がポンポン響くからに起因します。正しくは加茂勢山といい、場所は京都府と大阪府の県境にあり、登山ルートも多く、道標もしっかりしているからほとんど道に迷うことはない...
地域別紀行ガイド

剣豪が刻んだ磨崖仏を探しながら奈良の剣豪の里を歩く柳生街道「滝坂の道」

円成寺の大日如来像や春日堂と白山堂はともに国宝に指定された文化財もあり、地獄谷石窟仏、朝日観音、夕日観音などの石仏めぐりや石畳の道とせせらぎの音などで癒やされ、見所もたっぷりあります。後半は世界遺産に指定されている春日山原始林へ続く石畳の道...
スポンサーリンク
地域別紀行ガイド

奈良県、矢田寺・松尾寺ハイキング

往時の賑わいも去ってしっとりしたたたずまいの暗峠越奈良街道から東明寺、矢田寺、松尾寺と矢田山系に連なる古刹をたどるコース。・紹介地域/奈良県 ・コースの距離/約13km ・配布場所、配布元/近畿日本鉄道※地域の役所や公共機関が配布していた登...
地域別紀行ガイド

神戸東六甲に奇景広がる蓬莱峡へ

ゴツゴツとした奇形の岩が剥き出しになっている中国の蓬莱山の風景を彷彿させるところから名が付いた蓬莱峡(標高548m)は、ロッククライミングのゲレンデや古くは映画撮影がよく行われた奇景として知られています。 具体的に言うなら、破砕された花崗岩...
地域別紀行ガイド

神戸六甲で本格的なアルプス登山?須磨アルプスへ

古くから花崗岩の岩山をアルプスに見立てて登山家たちが遊んだ山として知られる須磨アルプス。 六甲山縦走路の一部にもなっていることで、常にハイキングコースが整備され、ファミリーでも気軽にアルペンムードが楽しめるので人気の山です。このコースの特長...
パワースポット

神戸市長田のパワースポット高取山

高取山は神戸市長田区の背山で、古くは神撫山(かんなでやま)と呼ばれていました。 標高328mの山頂には高神社があり開運・諸願成就の神社として現在も参拝者が多いパワースポット。 登山道(参道)沿いにハイカー・登山者に人気のある茶店が4軒(閉店...
地域別紀行ガイド

神戸六甲山系の隠れ山、長峰山で360度の眺望を楽しむ

神戸の背山として知られる長峰山は、摩耶山の人気の影にかくれているせいか、あまり登る人が少ない山です。 だから穴場ともいえるのですが、山頂には天狗塚という岩場があり、眺めもよく、アルペン気分が味わえるところ。杣谷というところは居留地時代にカス...
地域別紀行ガイド

山頂から神戸一望、絶景が広がる六甲山系摩耶山

暑い夏場はとてもじゃないけど日中に登る気にはなりませんが、夕方から夜に掛けて登ると暑さも和らいでしかも、山頂では1000万ドルの夜景が待っています。 摩耶山は平成13年にロープウェイ、ケーブルが復旧し、今ではにぎわいを取り戻して、週末になる...
伝説・言い伝え

日本の山の名前の由来や原点を探る

なにげなく耳にしていたあの山の名前の由来を知りたい。 日本人の自然観、民俗、自然環境によって育まれた山名には、膨大な物語が隠されているといわれています。 私たちの山の世界を深く豊かに広げてくれる、その物語をのぞいてみよう。 山の姿...
スポンサーリンク