遊歩旅行ガイド

地域別紀行ガイド

神戸六甲で本格的なアルプス登山?須磨アルプスへ

古くから花崗岩の岩山をアルプスに見立てて登山家たちが遊んだ山として知られる須磨アルプス。 六甲山縦走路の一部にもなっていることで、常にハイキングコースが整備され、ファミリーでも気軽にアルペンムードが楽しめるので人気の山です。このコースの特長...
地域別紀行ガイド

神戸六甲山系の隠れ山、長峰山で360度の眺望を楽しむ

神戸の背山として知られる長峰山は、摩耶山の人気の影にかくれているせいか、あまり登る人が少ない山です。 だから穴場ともいえるのですが、山頂には天狗塚という岩場があり、眺めもよく、アルペン気分が味わえるところ。杣谷というところは居留地時代にカス...
地域別紀行ガイド

山頂から神戸一望、絶景が広がる六甲山系摩耶山

暑い夏場はとてもじゃないけど日中に登る気にはなりませんが、夕方から夜に掛けて登ると暑さも和らいでしかも、山頂では1000万ドルの夜景が待っています。 摩耶山は平成13年にロープウェイ、ケーブルが復旧し、今ではにぎわいを取り戻して、週末になる...
地域別紀行ガイド

六甲山系、東お多福山(ひがしおたふくやま)で高原登山

六甲を巡るハイキングコースとしてとても人気があり、最初から最後まで道標が整い、迷うことはありません。 歩行時間も比較的短いので、子連れのファミリーや初心者でも歩けます。変わったところでは夏山登山の初心者訓練に大きなザックを背負った若者がよく...
地域別紀行ガイド

六甲山の人気登山ルートのトエンティクロスを歩く

初心者ハイカーが六甲山に慣れた頃に次にチャレンジするのにちょうどいいのは、このトエンティクロスのルート。 川を徒渉したり、山上の穂高湖でのんびりしたりと、水辺を歩くこともあるので夏場でも人気のルートです。四季を通じて楽しめます。 よく道ハイ...
地域別紀行ガイド

六甲山系のパワースポットを巡ってゴロゴロ岳へ

山名のユニークさで知られるゴロゴロ岳は、古くは雷岳とも呼ばれたそうですが、以前の標高が565.5mだったことに由来するともいわれています。街からも近く、樹林の豊かな鷲林寺観音谷から奥池、ゴロゴロ岳とポピュラーなハイキングコースです。 六甲山...
パワースポット

立山禅定道。現代の立山に、かつての信仰の道をたどる

北アルプス北部に大きな根張りをもってそびえる立山は、大汝山(3015m)をその最高峰として、雄山(3003m)、浄土山(2831m)など2500mを越える山々からなる一大山群である。この山々をとりまく雪と岩の山岳美は、中部山岳の代表的な自然...
パワースポット

日本にあるミステリーマウンテンリスト(異界の山を訪ねよう)

さまざまな伝説、伝承のある日本列島。天狗が飛ぴ、鬼が笑い、大男が歩〈山の世界。そんな異界ワールドをご紹介します。
地図資料

不思議を登るミステリー『恐山』青森県むつ市

恐山は、地獄の相が現われたようなあの世への人口。
神の樹(巨樹巨木)

神服神社のヤマモモ(大阪府高槻市)

433年ごろに建立された古社の本殿前に、その巨樹はある。夕暮れ時、葉は金色に神々しく輝いてた。樹に近づくと幹周り3.42mの風格ある幹に、竜のように自由奔放にうねる多数の枝がうごめいている。丸い帽子型の外見からは想像できない躍動感。あぁ生き...
神の樹(巨樹巨木)

素戔嗚尊神社のカツラ(大阪府高槻市出灰)

芥川の人里離れた上流にある出灰(いずりは)から、さらに奥まったところに素戔嗚尊神社がある。境内は昼間でも暗く、神域であることを感じる。そこにカツラの巨樹がある。遠くからでもわかる28mの樹高と、3.89mの幹周り。何本もの太い幹が合わさり、...
スポンサーリンク