新遊歩大全(私的モノ語り)

新遊歩大全(私的モノ語り)

不要になったアウトドア用品、キャンプ用品をオークションで売るコツ

アウトドア用品、キャンプ用品、登山用品といえば、ザックやウエア類やヘッドランプなどの小物類に至るまで、何かと自分の身を守ってくれる道具なだけに、愛着もあるものです。 でも、自分の経験値が上がってくると、さらに上質な道具が欲しくなるし、アウ...
2018.11.18
新遊歩大全(私的モノ語り)

アルパインクライマー平出和也「極限の世界カメラに収める」

平出和也(ICI石井スポーツ所属、33)は、80歳で3度目のエベレスト登頂を目指す冒険家・三浦雄一郎の撮影を引き受けた。プロの山岳カメラマンの肩書を持つようになったのは、ほんの数年前だ。8000メートル峰14座を極めた竹内洋岳の10、11座...
2018.10.04
新遊歩大全(私的モノ語り)

バックパッカー加藤則芳さんとロングトレイル

2013年4月17日、ジョン・ミューア・トレイルをはじめ、世界や日本の自然を歩くロングトレイルに関する紀行文やエッセイで知られる加藤則芳さんが、筋委縮性側索硬化症(ALS)のため亡くなられました。私は著作「ジョン・ミューア・トレイルを行く」...
2018.10.04
新遊歩大全(私的モノ語り)

竹内洋岳さんの哲学”プロ登山家”に学ぶ、「恐怖心との対峙法」

東洋経済に竹内洋岳さんのインタビュー記事が掲載されいたので、そのポイントのみを抜粋しました。 日本人で初めて8000メートル峰14座の登頂に成功した竹内洋岳さん。 プロ登山家・・・今まで「プロ登山家」と言った人はいなかったのですが、どう...
2018.10.04
新遊歩大全(私的モノ語り)

山ガールに高機能志向への変化

山ガールが評判になって、3年がたち、山登りを趣味として本格的に楽しむ女性の層が厚くなってきています。 これまではどちらというとファッション的な志向に重きを置かれがちでしたが、それも定着してきたことと、ちょうど流行がはじまってから山登りの始...
2018.09.09
新遊歩大全(私的モノ語り)

保温と身体への優しさを保証するマット選び

野外で眠るということは、地面が平らであることは稀で、木の根や岩や石などが地面にあって、寝心地を左右します。だから野営にはマットが必須となります。
2018.09.09
新遊歩大全(私的モノ語り)

登山家、田部井淳子氏が語る「素晴らしい自然が誇り、自分の足で歩き元気に」

ゆっくりとではありますが、震災からの復興は着実に進んでいるものの、その道程はまだまだ遠い。 気候も良くなり、行楽に最適なシーズンを向かえ、福島県三春町出身の登山家、田部井淳子さんは「福島の素晴らしい自然をぜひ歩いてほしい」と話す。
2018.09.09
山道具メンテナンス

水分補給用ハイドレーションのメンテナンス方法

現在販売されている登山用のザックには、必ずと言っていいほどハイドレーションシステムが装着できるようになっています。 これまでのように水筒をいちいち出し入れしなくても、歩行中に水分補給できるので、無駄なエネルギーを消費したくないハイカーによ...
山道具メンテナンス

ヘッドランプのメンテナンス方法

夜間歩行やテント泊時に限らず、空が曇って薄暗くなった時、夕暮れの山道を歩く時などに、ヘッドランプは「もしも」の時に備える意味でもザックの中に常備しておきたいものです。 しかし、ザックの中に入れっぱなしにしていると、いざ使おうと思った時に電...
山道具メンテナンス

リュックサック、バックパックのメンテナンス

地面に直に置いたり、岩場で擦れてしまったり、ちょっと乱暴に扱うこともあったり、つねに過酷な状況に晒される道具がザック(リュックサック・バックパック)です。 シンプルな構造のものでも、使われている生地や部品にはその時の最新の技術が使われてい...
山道具メンテナンス

テントの保管は、どんなタイプでも乾燥が重要

通年に渡ってテント泊を楽しむ人より、年に数回しかテント泊をしないという人のほうがテントの保管やメンテナンスをする必要があります。 収納袋に数ヶ月も入れたままにしていると、防水された生地が傷んでしまいます。 安くは無いテントです。これから...
スポンサーリンク