マインド

歩く技術(山・森・里)

遭難率ワースト1!単独行の山歩きは危険か?

単独行の山登りを考える時、避けて通れないのが遭難という二文字。仮に、単独行の登山者が、山で重傷を負って動けなくなったとします。グループ登山の場合だったら仲間のだれかが助けを呼びに行ったり、そばで励ましてくれたり、あるいは背負って治療できると>続きを読む
歩く技術(山・森・里)

登山者同士のトラブルは迷惑!ちょっとした気遣いで気持ちいい登山に

何もない自然だから、社会のルールを無視してもいいということはありません。むしろ人間が自然の中に入り込むことで、自然に与える影響を考えた行動が求められるので、下界よりも厳しい自然界のルールがあります。最近は登山者やハイカーが増えてきましたが、>続きを読む
歩く技術(山・森・里)

これから「山」を始める人のために~山の世界は五感をフル活用して『自己責任」で楽しむもの

山登りといっても様々な形態があります。郊外の里山や低山をのんびり歩き、見晴らしのよい山頂や気持ちのよい場所でお弁当を食べて下ったり、親子で楽しむピクニックに近いようなものもあれば、厳冬期の北アルプスで高度な技術や器具を駆使して氷壁をよじ登る>続きを読む
error: Content is protected !!