遊歩の手帖一覧

神服神社のヤマモモ(大阪府高槻市)

433年ごろに建立された古社の本殿前に、その巨樹はある。 夕暮れ時、葉は金色に神々しく輝いてた。 樹に近づくと幹周り3.42mの風格ある幹に、竜のように自由奔放にうねる多数の枝がうごめいている。

素戔嗚尊神社のカツラ(大阪府高槻市出灰)

芥川の人里離れた上流にある出灰(いずりは)から、さらに奥まったところに素戔嗚尊神社がある。 境内は昼間でも暗く、神域であることを感じる。 そこにカツラの巨樹がある。 遠くからでもわかる28mの樹高と、3.89mの幹周り。 何本もの太い幹が合わさり、樹皮に他の植物や苔がびっしりと共生し、神域の守護として異様な威圧感がある巨樹だ。

スポンサーリンク