「 自然と生きる人物伝 」一覧

山形市出身の冒険家 関口裕樹 北極点へのこだわり

北極点にこだわっている冒険がいる。その人は、山形市出身の関口裕樹さん(27)。 2014年の6~7月に米カリフォルニア州デスバレー国立公園を13日間かけて、約760キロを自転車で走破するなど、砂漠や酷寒の地を単独で踏破してきた経験を持つ。 その関口さんが「自分の限界に挑戦したい」と。北極点到達に向けて、準備を進めています。

竹内洋岳さんの哲学”プロ登山家”に学ぶ、「恐怖心との対峙法」

東洋経済に竹内洋岳さんのインタビュー記事が掲載されいたので、そのポイントのみを抜粋しました。 日本人で初めて8000メートル峰14座の登頂に成功した竹内洋岳さん。 プロ登山家・・・今まで「プロ登山家」と言った人はいなかったのですが、どういう経緯でそう名乗るようになったのでしょう? なぜ「死」の可能性を意識しながらも、果敢に頂上を目指せるのでしょうか。 プロ登山家の考える「想像力の大切さ」とは?

山と渓谷で連載した芦澤一洋のアウトドアものローグに寄せて

遊歩大全の翻訳、フライフィッシャー、アウトドアマンとして日本の先駆者だった芦澤一洋氏が、山と渓谷誌に連載して好評をえていたのが「アウトドアものローグ」だ。 今では読むこともできないが、どんなエッセイだったのか、その概要を知ることができる記事があるので紹介する。

地球のどこもが書斎だった「芦澤一洋」

アウトドアの古典的名著である遊歩大全を翻訳したアウトドアライターの芦澤一洋氏。 本物志向が成せるのか、読書のセンスも時代の先をいっているという感じがする。 きっといつも本を片手に、山や川へ自然の中でくつろいだのではないだろうか。

本物志向で原野(アウトドア)を楽しんだ日本人「芦澤一洋」

私にとって芦澤一洋氏と聞くと真っ先に目に浮かぶのが、コリン・フレッチャー著の「遊歩大全」の翻訳者であり、日本のフライフィッシングの開拓者というイメージだ。 昔の日本ではアウトドアといえば、バーベキューだった。 その幼稚な先入観を払拭し、アメリカの本場のアウトドア文化を広く伝えた立役者でもある。

プロ登山家、竹内洋岳の譲れない逸品

2012年5月にダウラギリに登頂し、17年かけて全8000メートル峰14座の完全登頂を達成した。 しかし2007年には、10座目となるガッシャブルムIIで雪崩に遭い奇跡的に救出されています。 そんな竹内さんの旅にいつも同行している山の道具達があります。 新聞の記事でそんな厳しい環境で、一緒に旅した道具への想いを語られていましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク