登山道具のレンタルは危険?中古品は買ってはいけない?

レンタル品と中古品の危険性

春と秋は山登りのベストシーズンです。
この時期に山デビューして山男、山ガールの仲間入りをする人も多くなります。
またハイキングなど自然散策に興味を持ちだした知り合いや友人を誘って、山の世界に引き入れたいと思う人もいるでしょう。

初心者にいきなり登山用具を買いそろえて欲しいと希望しても、普通で考えても5万円近くかかってしまう。
継続するかどうかも分からない事に初期投資する額としては、ちょっと躊躇するだろう。

そうだ! レンタル品を借りればいいじゃないか。リサイクルショップやヤフオクで安価に仕入れればいいじゃないかって?
そこには大きな落とし穴があり、とても危険なことであることを知って欲しい。

スポンサーリンク

レンタル品と中古品の危険性

最初に登山用品に求められる基本条件を確認して欲しい。
これは初心者がよく登る標高1000m以下の山登りでも、道具によるトラブルは事故の元。
週末ハイカーで賑わう兵庫県の六甲山でも、毎年死亡事故が起きています。
自然の中では、街の常識は通用しないのです。

レンタル品の危険性

様々な道具や服を貸してくれるレンタルショップは、全国至る所にあります。
レンタル品ですから、不特定多数の人が使用しています。整備も行き届いているかどうか、それも怪しい物です。
登山用具は「きれいだから大丈夫」ということはあり得ません。
もし山の中で靴のソールが剥がれたり、レインコートが役にたたなかったら、悲惨でしょう。

それにレンタルショップで置いてあるのは、型の古いものが多いので、それも心配の種になります。

y0276

リサイクル品、ヤフオクの危険性

初心者が中古品に手を出すのは、とてもリスクが高い。
山の道具は結構過酷な環境の中で使っているから、外観がマシでも、中はどうなっているのかわからない。
ザックで言えば、防水性が損なわれていたり、綻びがあるかもしれない。

レインコートも歩いていれば草木に擦ったりしているから、部分的に防水性が落ちていると思ったほうがいい。

登山靴はソールのウレタン部分が劣化している可能性があります。外見は大丈夫に見えても、山を歩いている途中でソールがべろりと剥がれてしまう危険性があります。
内部も汗で蒸れやすいものなので、衛生的にも問題があるかもしれません。

登山に特化したレンタルショップの条件

それでも山で使う道具を全て揃えようと思うと、結構な出費です。
中には数万円をかけて道具を揃えても、1年に1回ぐらいしか登山しないとか、逆に1度行っただけで嫌になったとか、そんな場合もあるでしょう。
それだったら、最初はできるだけ経済的なリスク無しに、山を楽しみたいものです。
日本の自然の奥深さと美しさを知る絶好の機会を逃すのはもったいないから。

そこで登山者が望むレンタルショップの理想を挙げてみよう。
●全国どこでも対応(宅配サービスがある)
●送料が無料、返送料も無料
●登山のベテランがしっかりとメンテナンスしている
●レンタル品が豊富に揃っている
●サイズ変更が無料
●キャンセル料がかからない
●直前でも対応してくれる
●借りた物が登山中に汚れたり濡れたり破損しても追加費用は取られない
●商品が割と新しくきれい

こんな条件を全て兼ね備えているレンタル屋さんは無いと思いましたが、1つだけあります。

最近出来たお店じゃなくて、山ガールブームと富士登山ブームが流行し始めた2010年から営業している「やまどうぐレンタル屋」さん。

嬉しいのは上記の条件の他に、

●天候不良でも体調不良でもキャンセル時に全額返金してくれる!

自然が相手なので突然の天候不良や、やむを得ない事情で山行が中止になることはよくある。そんな時にキャンセル料が無いのは嬉しいです。

●靴をレンタルすると登山用ソックスをプレゼントしてくれる!

日頃使っている靴下は薄すぎるし、蒸れやすいもの。登山用のソックスは蒸れにくく、クッション性もあるので安心です。
でも購入するとなると高いので、それがプレゼントされるのは嬉しいです。

安心できるのは「やまどうぐレンタル屋」は、普通に登山用品の販売店も営業されていることです。
専門知識を持ったスタッフが運営されていることがやっぱりいいです。

y0277

以上、登山道具のレンタルは危険?中古品は買ってはいけない?でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする