六甲山系、東お多福山(ひがしおたふくやま)で高原登山

六甲山系、東お多福山(ひがしおたふくやま)で高原登山

六甲を巡るハイキングコースとしてとても人気があり、最初から最後まで道標が整い、迷うことはありません。 歩行時間も比較的短いので、子連れのファミリーや初心者でも歩けます。変わったところでは夏山登山の初心者訓練に大きなザックを背負った若者がよく歩いているのをみかけます。 東お多福山の素晴らしさは、初夏の...

六甲山系、魚屋道(ととやみち)

六甲山系、魚屋道(ととやみち)

六甲山には多様な登山ルートがありますが、魚屋道は江戸初期から灘と有馬を結ぶ東六甲最古の交通路と考えられる歴史ある道です。 明治以後はこの六甲越の道を魚屋道と呼ばれるようになりました。 その由来は、この道を通って運ばれる新鮮な魚介類が、有馬温泉にやって来る湯客に喜ばれたからです。 南の...

登山者が体験したほんとうにあった怖い話。登山道その他編

登山者が体験したほんとうにあった怖い話。登山道その他編

山という非日常的な空間では、山小屋やテントの中だけではなく、覚醒しているはずの行動中にも、尋常でない体験をすることがあるようだ。また、単に偶然という言薬ではかたづけられない不思議な話も、少なからず耳にした。姿なき登山者太田一郎さん(山岳ガイド)今から30年くらい前、新雪が降り始める11月。単独で巻機...

登山届が自分の命を守る重要な命綱になる理由

登山届が自分の命を守る重要な命綱になる理由

2014年の御嶽山の噴火や、海外でも山岳地域の災害に伴う遭難が最近よく耳に入るようになりました。 皆さんは登山届を提出していますか? 1000m程度の山でも藪が多かったり、歩行に困難な場所が多い登山道がある山では、登山届を出すポストが登山口付近に設置されているのをよく目にします。 いつもなら「この程...

登山者が体験したほんとうにあった怖い話。テント・ビバーク編

登山者が体験したほんとうにあった怖い話。テント・ビバーク編

テントで泊まる夜は、暗闇と静寂に包まれる。取材した話のなかでは、人の足音、話し声が聞こえるというケースがかなりを占めていた。それは、人のこころのなかの恐怖が生み出すものなのかもしれない。しかし、埋解を超えた体験談もたくさんあったので、ここに招介しよう。死しても頂をめざす登山家たちの魂岸野岳さん(神奈...

登山者が体験したほんとうにあった怖い話。山小屋・避難小屋編

登山者が体験したほんとうにあった怖い話。山小屋・避難小屋編

都会の喧魔を離れ、静かな山小屋で過ごすとき、風の音、風で木々が揺れる音、または屋根東で走り回るネズミの足音が、人の足音、話し声に聞こえてくることがあります。山に入って、精神的に緊張したり、肉体的に疲れたせいもあるだろうが、合埋的な説明のつけにくい不思議な体験談を誰もが一度は経験しているのかもしれない...

夏山の恐怖!雷から身を守る方法

夏山の恐怖!雷から身を守る方法

夏山で出遭う大きな恐怖といえば雷。気象条件から雷の発生を事前に予測する方法と、実際に山で遭ってしまったときの対処法を考えてみよう。「さえぎるもののない山の稜線のをまたたくまに雷雲がおおい、目の前を閃光が走る雷の轟音は、足もとを地ひびきのように通りぬけていく。ザックにつけたカメラの三脚はプワーン、ブワ...

立山の山岳信仰。絵図にみる信仰の世界とその変遷をたどる

立山の山岳信仰。絵図にみる信仰の世界とその変遷をたどる

立山曼荼羅に描かれた壮大な構想、時代の流れに転変しながらも、なお、脈々と息づく宗教世界の源は、朝鮮半島にまでいきつくのか。山と日本人山岳信仰とは、山に神仏が宿るとみる考え方で、日本においては古代以来、修験道として独自の展開をとげた。山岳信仰は、豊作祈願という農耕神的性格と死者の霊魂が篭もるという祖霊...

立山禅定道。現代の立山に、かつての信仰の道をたどる

立山禅定道。現代の立山に、かつての信仰の道をたどる

北アルプス北部に大きな根張りをもってそびえる立山は、大汝山(3015m)をその最高峰として、雄山(3003m)、浄土山(2831m)など2500mを越える山々からなる一大山群である。この山々をとりまく雪と岩の山岳美は、中部山岳の代表的な自然景観のひとつで、近年の開発により観光の山としても広く知られる...

山の息吹に神仏を感じて。立山修験の復興にかける佐伯史麿さん

山の息吹に神仏を感じて。立山修験の復興にかける佐伯史麿さん

修験道では山は生命エネルギーとふれあう場所。 日本人の魂の原形がそこにある。立山の美しい山並みが背後に控える、立山町の芦峅寺集落。かつては立山信仰の布教の拠点となった土地である。この町に、立山信仰の原点に立ち戻ろうと、修験復興の活動を始めたひとりの若者がいる。立山信仰のふるさと芦峅寺白装束に身を包ん...

スポンサーリンク