道に迷わずハイキングを楽しむ方法。方向音痴でも道迷い解消

山岳遭難事故で、転落や滑落についで多いのが道迷い。
さすがに地図を持たずに山に入る人はいないが、スマートフォンのGPSと地図アプリに頼って歩く人はいます。
それでも、道迷いは起きます。
地図はあるのに、道に迷う・・・なぜ、道に迷ってしまうのでしょうか。

地図を確認

スポンサーリンク

道に迷う原因はイメトレ不足にあり!

道に迷う誘因のひとつに、事前の勉強不足があると思います。
山が非日常の世界にあると認識できていない人も多い。

地図と磁石を持たず、ガイドブックのコピー片手に登山する人が増えています。
ガイドブックは非常に狭い範囲しか掲載していないので、万が一身体の具合が悪くなったり、天候が急変したときなど、エスケープルートが省かれたりして不便です。
歩くコースより、広い範囲まで掲載した地図も持参しよう。

道迷いを防ぐ方法は、第一に予習をすること。

地図を広げガイドブックを読みながら、地図上に予定のコースを追いかけてみよう。これが机上登山といいます。

登山用の地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図が基本だが、メジャーなエリアの一般コースなら市販のガイドマップで充分間に合う。昭文社の「山と高原地図」は見やすくて便利。

ハイカーの不安

「道迷い」の原因

1. 準備・装備不足
・地図、コンパス、ナビ、下見、ネット情報
※持参図で机上登山を実施する
※登山口から分岐までの所要時間をすべて把握する
※山頂から下山口ルートの選定は特に注意
 (複数の下山ルートは要注意)
※事前に複数の下山ルート、頂上からの下山方向を把握しておく
※ガイドブックにない下山ルートもあるので注意のこと
※現地の最新情報を把握(登山道の崩壊など)
 インターネット、山小屋、市町村の観光課、警察署などで情報収集する。
 
2. 天候の激変
・暴風雨、暴風雪、濃霧等(視界ゼロ、踏み跡なし)
※事前に天気予報をラジオ等で確認しよう。
※雲の状態でもある程度予知できるように知識を得ておく。

3. 状況判断ミス
・おしゃべりに夢中になって、標識見落とし、分岐の通り過ぎ
・「こっちでいいはずだ」の思い込み
※立ち止まる余裕を持とう。
※持参地図とコンパスやナビで、常に自分の位置を確認しながら行動すること。
※引き返す判断を早く実施、早めに来た道を戻ること。

机上登山のすすめ

4. 道迷いを誘う登山道の特徴
・標識が倒れており分岐を見過ごす
・標識が古くて文字が読めない
・分岐点・標識が草や落ち葉で隠れ、見過ごす
・踏み跡が不明瞭・多数→ケモノ道や作業道(林業、測量道等)へ
・日没で暗くなり、道が不明
・赤テープを信じ込み目的地とは違うルートへ

5. 無理な計画、無計画→焦り→判断ミス

6.道迷いからの焦りから、心理的な不安が増幅する
30分、1時間経っても開けた道に出ない。
辺りが暗くなることへの不安。
上記のことから、状態から一刻も早く逃げ出したいと思い、無理な下山を強行し、急斜面や崖から沢や滝へ転落する可能性が高まる。

現在地の確認

もし、道に迷ったら・・・

◎迷ったら、沢へ下りずに、尾根を登ること。
整備された登山道に出る確率が高く、危険が少なく、発見されやすい。
(ただし、天候など状況により異なる)
登山道へ出たら、地図で現在位置を確認すること。

◎焦った行動を控え、体力を温存する
時間によっては、無理をせずビバーク(野宿)を実行する。
その際は可能な限りの防寒を実施する。
※レスキューシートを体に巻く

◎天候が急変した場合は、焦らずに回復を待つ

遭難しないために

スポンサーリンク

シェアする

フォローする