アルパインクライマー平出和也「極限の世界カメラに収める」

平出和也(ICI石井スポーツ所属、33)は、80歳で3度目のエベレスト登頂を目指す冒険家・三浦雄一郎の撮影を引き受けた。

プロの山岳カメラマンの肩書を持つようになったのは、ほんの数年前だ。8000メートル峰14座を極めた竹内洋岳の10、11座目(2008年のガッシャーブルムII=8035メートル、ブロードピーク=8051メートル)のサポート兼カメラマンとして、翌年にはフィンランド人のベーカー・グスタフソンに指名され、彼の14座目だったガッシャーブルムI(8068メートル)を登頂、撮影した。

グレートサミッツ

●命がけの遊び求めて山へ!アルパインクライマー 平出和也

平出は登山家として、08年にインドのカメット峰(7756メートル)の未踏南東壁をパートナーの谷口けいと克服し、世界の登山界で最も権威のあるフランスのピオレ・ドール(金のピッケル)賞を日本で初めて受賞している。

岩と氷のほぼ垂直の世界を、自らを撮影しながら様々な手法をこらして極限の世界を切り取っていく。肩書は「アルパインクライマー」がふさわしい。

「未知への探究と環境の整わない場所で自らのルートを切り開く先鋭的な登山家」という意味で。

略歴を見れば、エベレストをはじめ8000メートル峰5座登頂の記録はあるが、平出には意味を持たない。

それより「初登はん」「未踏ルート」の戦跡の数々が彼の誇れる履歴となる。

「ベーカーが僕をカメラマンとして指名してくれたのも、8000メートルで確実に撮影ができる人はそんなにいないから。

彼らはアスリート的なクライマーで、動きは速く、高度順化という点でも短期速攻型なので、ついて行けるカメラマンが本当にいない。僕しかできないことなのかなと思っているんです」

彼の好奇心が向かう先は尋常な世界ではない。

僕は人ができないことをやりたい。人ができるものは人がやればいい。僕しかできないことを実現することが重要なんです」と。

長野県富士見町で生まれ、小さい頃から父に山へ連れて行かれたが、まだ山の世界は見えていない。小中は剣道少年(長野県3位)、高校は東海大三高で競歩と出合い全国6位。さらに東海大に進んで、2年間競歩に取り組み日本選手権で10位となった。

その時「ふと、人と競うのはもう十分だと思った」。

「真の強さというのは、守られた環境の中で競技するのではなくて、そのグラウンドを出たところでいかに高いパフォーマンスができるかではないのか」。

人と競うことに疲れ、限界を感じてもいた。だから「自分と真に向き合えるようなことをしたかった」。

 真剣に命懸けで遊べるものを求めていた時だった。

「自分で登る山を決め、ルートを決め、メンバー、装備を決める。すべてが自分の責任で、それが即、生きるか死ぬかにかかってくる。100%、自分で背負うような活動をしたかった。それが山だった」
 3年生から山岳部に入り、2年でヒマラヤに立ち、未踏峰の7000メートルのルートの3分の1を自ら切り開いた。

恐ろしいほどのスピードでステージを駆け上がってきた。

●未踏のルート 地図に描く

今年1月、NHKのグレートサミッツシリーズ「天山山脈のハン・テングリ(7010メートル)」で、平出和也が頂上からの見事な眺望を映し取った。

「ビデオカメラがいつもの3倍の重さに感じる」と言いながらアタックから12時間の撮影。

夕焼け、星空、様々な角度からプロカメラマンとしてとらえたサービス満点の映像だった。

平出のすごいのは、それから半月後には、パキスタン北部に転戦してシスパーレ(7611メートル)の未踏ルート、4000メートルの南西壁に挑んでいたところだ。山頂には立てなかったが、ハン・テングリは高度順化の登山ととらえていた。

学生時代、「パキスタンで山の雑誌を見て、初登頂、初ルートの線を全部引いていくと空白部分が見えてくるんです。いい壁なのに知らないんだろうな。反対側はどうなっているのかな」。

この好奇心と想像力が彼の原動力だ。

世界の名峰 グレートサミッツ アルプスの山々
ブルーレイBOX【Blu-ray】

フランスとイタリアの国境にそびえるヨーロッパアルプスの最高峰モンブラン(4810m)。“アルプスの女王”と呼ばれるこの山は、アルプス最高峰とし て、ひときわ高く君臨している。取材班は、山群の最も長い氷河メールドグラスや、富士山より高い展望台があるミディ針峰などアルプスの絶景を楽しみながら 経験を重ね、モンブランの白き頂をめざす。

価格:14,380円
(2013/5/26 13:21時点)

「僕以上に登れる人は世界にも日本にもいっぱいいる。でも、山の魅力的な課題を見つける能力では僕がトップではないかと思う。
魅力的な山を見つけてそこに行き着ける人は少ない」

「僕は人より難しいことをしようとしているのではなくて、人が見たことのない世界を見たい。
そのグレードが高く難しいほど挑戦のしがいがある。
情報のないところに冒険を見つけて、その地図を描いてみたいんです。
未踏峰のルートから頂上までを結んだきれいなラインを引いてみたいのです」

だから人が挑戦したことのある壁だと知ると一気にモチベーションが下がるという。

情報が少なく環境が整っていなければいないほど真の強さを要求される。

「そんなところで高いパフォーマンスを発揮できるタイプになりたい」。

そのルートは後に続く者が出て来ないほど過酷で先鋭的な場合もある。

平出は自分には2つの生きる道があるという。

「一つは損得のない自分の挑戦。人がいないところで活動し、外へPRするわけでもない。
もう一つは、人に伝えるための活動で、それが僕にとってはカメラ。映像はスチル(写真)と違って、雰囲気や空気感、風の音とか、話さなくても伝わることがいっぱいある。
しかもリアルに伝わる。映像の力ってすごいと思う」

三浦隊でのミッションは後者の「伝えること」だ。

「三浦雄一郎さんがひとりの人間として山と対峙したときに、どういう顔で、どういう目付きをして山に臨んでいくのか。その内面が撮れたらいい」。

2年前のエベレスト登頂では3メートルのさおの先にカメラを付けて上から頂上を撮った。世界初の試みだった。

平出は「三浦隊と互いに命を支えながら、家族の一員として」エベレストの冒険に立ち会うつもりだ。

「当たり前のことができないのが冒険。三浦さんの成功は自分の体調を見ながらどこまで行けるか、三浦さんがやり切ったというところまで行ってもらえばいい。それが山頂であろうとベースキャンプであろうと、チャレンジしたことが僕は成功だと思っている」

※2013年3月  日本経済新聞より

[ad code=2 align=center]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク