キャンプ登山の必需品、ストーブの選び方

ガスストーブの選び方

キャンプ登山をするなら、山の上で炊いたご飯ほど美味しいものはない。

これまで歩いてきた疲れも、すぐに吹き飛ぶだろうし、明日へのエネルギーを蓄えておくためにも必要。

日帰り登山でも、寒い日にはコーヒーを湧かして飲んだり、お昼時ならラーメンをつくるのもいいだろう。

そんな山の調理に欠かせないのがストーブです。

登山用の携帯ストーブを初めて購入するなら、ほぼ百パーセント、カートリッジ式のガスストーブが便利。

扱い易さ、種類の豊富さに加え、今では火力の面でも、通常はガスカートリッジ式ストーブが有利だ。

スポンサーリンク

1人~2人なら超小型ストーブでOK

ストーブ本体(バーナしゴトク、バルブ)の小型化や折りたたみ方式の工夫による携帯性の向上が、ガスカートリッジ式ストーブのシェア拡大の理由だが、最近はその傾向がますます加速しています。

ストーブを購入するときに、考えて欲しいのが、何人でストーブを使用するか、ということです。

休憩時間にちょっとお茶を沸かしたり、単独もしくは2人で、小さなコッヘルを用いてアルファ米やフリーズドライ食品を調理する程度なら、超小型タイプのストーブがいいでしょう。

収納サイズが手の平大というコンパクトなストーブがいいのですが、超小型タイプの難点として、バーナーヘッドが小さいため火力が弱く、しかも鍋底の一点に熱が集中しやすいという欠点がある。

だから一人用の食事といっても、米を炊くとか、ちょっと凝った料理は苦手です。

超小型タイプのなかでも製品の中には、バーナーヘッドが大きくて高火力、熱の伝わり方も比較的均等、というものがありますが、それと引き替えに重量が重くなります。

どれも一長一短があるので、どの特徴を重視するかで、選択は変わってきます。

人数が増えれば、火力と安定性を重視

ストーブが小型軽量化されるとともに個人装備化も進行しているが、パーティなら、調哩は共同で行なうほうが効率的な場合が多い。

何人分かをまとめて調埋するなら、当然、中〜大型コッヘルに見合う、火力が強く、鍋底を均等に暖める大きなバーナーヘッドと、安定性の高いゴトクを備えたストーブが必要になります。

バーナー部分がが大型なだけでなく、風防を兼ねた十字型ゴトクを四方に広げられて、少々大きなコッヘルでも安定するものを選ぼう。

さらに大人数の調埋をまとめてしたいのであれば、ストーブ本体とカートリッジをホースでつなぐ、分離型のストーブがいいでしょう。バーナーの位置が低く、大きく広がる三脚によって、コッヘルの安定度は抜群です。火力調節のツマミはカートリッジ側にあるので操作が楽だし、大きな鍋底の反射熱でツマミが溶けてしまうこともありません。

プリムスでは、スパイダーキットというアクセサリーがあるので、同社のストーブを分離型として使えます(ツマミはバーナー側)。

まだ使えるガソリンストーブの利点

主役の座をガスカートリッジ式に奪われた観のある液体燃料使用のストーブだが、使い方によっては捨てがたい魅力があります。

日本国内では登山中に使用することは少なくなりましたが、ガスカートリッジが手に入りにくい海外トレッキングなどでは今でも重宝されています。

液体燃料ストーブの主流は、ホワイトガソリン、またはレギュラーガソリン、灯油等もOKというマルチフュエルタイプです。

ガソリンストーブの利点は、まず、どんな状況下でも比較的安定した火力が得られること。

出力のデータだけを見ると2000〜2500キロリットルと、ガスカートリッジ式と同等か、やや見劣りする数値です。

ガスカートリッジ式の出力は気温などに大きく左右されますが、燃料式はほとんど影響がありません。

次に、長期縦走プランでは燃料をガスカートリッジ式よりコンパクトに携帯できます。切りつめれば結果ですが、1リットル弱のボトル1本で10日間ほど保たせることも可能です。

ガスカートリッジが人手困難な海外トレッキングでも、液体燃料使用は有利。とくに北米のトレイルで見かけるストーブは、MSRの製品一辺倒だそうです。

以上、キャンプ登山の必需品、ストーブの選び方でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする