神の樹(巨樹巨木)一覧

ふとしたきっかけで出会う神の宿る樹。
樹と対話をしに行きませんか?

神服神社のヤマモモ(大阪府高槻市)

433年ごろに建立された古社の本殿前に、その巨樹はある。 夕暮れ時、葉は金色に神々しく輝いてた。 樹に近づくと幹周り3.42mの風格ある幹に、竜のように自由奔放にうねる多数の枝がうごめいている。

素戔嗚尊神社のカツラ(大阪府高槻市出灰)

芥川の人里離れた上流にある出灰(いずりは)から、さらに奥まったところに素戔嗚尊神社がある。 境内は昼間でも暗く、神域であることを感じる。 そこにカツラの巨樹がある。 遠くからでもわかる28mの樹高と、3.89mの幹周り。 何本もの太い幹が合わさり、樹皮に他の植物や苔がびっしりと共生し、神域の守護として異様な威圧感がある巨樹だ。

畑山神社のクスノキ(大阪府高槻市)

7世紀後半に市内最古の寺院「梶原寺」が、この畑山神社の前にあったという。 明治の神仏分離で畑山神社のみとなった。 そんな時代の流れをある時は仏の化身として、ある時は神そのものとして、じっと見つめていたのが、このクスノキだ。

巨樹は男性それとも女性なのか?

マザーツリーという言葉が西洋にはあります。 だから大きな樹を母性に例えたりする文献をよく見ます。 では日本はどうかというと、八百万の神々の信仰という古代からの風習があるので、土地によって違いがあるようです。

山が多い島国日本で巨樹の森は地球と人間をつなぐ神経のようなもの

ちょっと気分的に優れないとき、嬉しいことがあって気持ちが高ぶっているとき、気持ちをリセットしたいと思ったら、巨樹の森を歩きながら森林浴をするのがいちばんいい。 乱れた精神状態を、すっきりと整えてくれます。 巨樹の魅力と、健康に効果的な森林浴の方法を紹介しよう。

スポンサーリンク