「 自然と生きる人物伝 」一覧

80歳の冒険心!三浦さん、楽しんで最高峰征服

80歳の冒険心!三浦さん、楽しんで最高峰征服

プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎さんが、世界最高齢の80歳で3度目のエベレスト(8848メートル)登頂に成功した。若い頃から人が思いもつかない冒険を積み重ねてきた三浦さんだが、本人の中では、楽しくて楽しくて次々と遊び心が爆発しているのだという。65歳になってメタボで入院。それを乗り越えて始めた70...

アルパインクライマー平出和也「極限の世界カメラに収める」

アルパインクライマー平出和也「極限の世界カメラに収める」

平出和也(ICI石井スポーツ所属、33)は、80歳で3度目のエベレスト登頂を目指す冒険家・三浦雄一郎の撮影を引き受けた。プロの山岳カメラマンの肩書を持つようになったのは、ほんの数年前だ。8000メートル峰14座を極めた竹内洋岳の10、11座目(2008年のガッシャーブルムII=8035メートル、ブロ...

アルピニスト野口健 自然と国家と人間と

アルピニスト野口健 自然と国家と人間と

七大陸最高峰の最年少登頂達成し、それからメディアに注目されながらも、エベレストの清掃登山などをはじめ、自然との共存を自らの行動で啓蒙し続けている野口健さん。最近の登山の流行や、登山を取り巻く環境について語られた記事を紹介いたします。

バックパックで日本を旅する斉藤政喜(シェルパ斉藤)さん

バックパックで日本を旅する斉藤政喜(シェルパ斉藤)さん

私が斉藤政喜さんことシェルパ斉藤さんを知ったのは、雑誌『BE・PAL』に連載されていた東海自然歩道の旅を読んでからです。ユニークなイラストと合わせて、人間味あふれる紀行文に、徒歩旅(バックパッキング)の面白さや、旅で得たものを文章化することへの興味をそそられたりしました。それから私も触発されて、徒歩...

バックパッカー加藤則芳さんとロングトレイル

バックパッカー加藤則芳さんとロングトレイル

2013年4月17日、ジョン・ミューア・トレイルをはじめ、世界や日本の自然を歩くロングトレイルに関する紀行文やエッセイで知られる加藤則芳さんが、筋委縮性側索硬化症(ALS)のため亡くなられました。私は著作「ジョン・ミューア・トレイルを行く」という本で、加藤則芳さんのことを知り、自然を長距離歩く旅に魅...

スポンサーリンク