「 登山と野外活動の技術 」一覧

山登りは、楽しみながら登ればバテません

山登りは、楽しみながら登ればバテません

なんだかワクワクしない・・・もし山登りに行く前日に気分が乗らなかったら、いっそのこと延期した方がいい。別に意地悪で言っているわけではありません。無理したり、付き合いで嫌々行くような山行では、間違いなく心身ともにバテてしまうからです。これで山歩きが嫌いになってしまっては、元も子もありません。 山でバ...

ハイカーが失敗しない山の選び方

ハイカーが失敗しない山の選び方

初心者ハイカーが、六甲山縦走や高島トレイルを何事もなく快適に歩けたといっても、自分に才能があるとか、実力があるなんて自惚れてはいけない。気象条件や体調など、たまたま好条件が揃ったから、登れたというほうが正解かもしれない。 山登りは、キャリーバックをごろごろ引きずって歩くような街の旅行ではありません...

ウエア選びは、その時の状況に対応できるレイヤード思考でコーディネート

ウエア選びは、その時の状況に対応できるレイヤード思考でコーディネート

生活用品一式を詰めた家を背負って歩くバックパッキングだけでなく、5時間以上歩くようなハイキングであっても、歩く途上で自分の状況に応じて、何度もウエアを脱いだり着たりを繰り返します。だから自分が持っているウエアの充実度によって、歩行の快適さを大きく左右することになります。ここではマテリアルの進化に伴う...

化粧水でメーク長持ち。汗はすぐ拭き、体臭予防へ

化粧水でメーク長持ち。汗はすぐ拭き、体臭予防へ

気温の上昇とともに、汗をかくことが多くなった。 近年は暑い日が増えたうえ、節電対策から冷房の設定温度も高めになり、春から夏にかけて、以前より多く汗をかいている人もいるだろう。 汗染み、体臭、メークの崩れと、職場や外出先での視線も気になる。汗対策の基本を専門家に聞いた。 アウトドアの場面...

過酷な自然を歩く技術と疲れない歩き方

過酷な自然を歩く技術と疲れない歩き方

旅の途中でパテたくなかったら、日ごろからトレーニングして足腰を鍛えておかなければならない。毎日できる手軽なものとしては、ハーフスクワットや階段の上り下りなど。また、日帰りや小荷物の小さな旅を回数こなすことも大きな効果がある。以上のことを前提としたうえでの歩き方のテクニックであるが、まずはリズミカルな...

スポンサーリンク